プラモデルの質感を表現する塗料の選び方と綺麗な塗り方の詳細

プラモデルは車両や人形など様々な物を一定の縮尺で表現した組み立て式の玩具の一種です。プラモデルの多くは自分で組み立てや接着、さらに塗装も行います。塗装の方法で出来の良し悪しが大きく変わるので、プラモデルを綺麗に仕上げるためには塗料の選択や最適な塗り方に関する知識が不可欠です。

プラモデル用の塗料について学び、お気に入りの一品を綺麗に仕上げる方法を会得しましょう。

市販されているプラモデル用の塗料の種類

プラモデル用の塗料は模型店などの専門店で購入することが出来ます。塗料は原料の種類別に分かれているので、用途別に使い分けるのが上手に扱うコツです。模型用の塗料は大別してラッカー塗料と水性アクリル塗料、そしてエナメル塗料の三種類があります。

それぞれの塗料別に色合いや質感、乾燥するまでの時間など様々な事柄に違いがあるので、プラモデルごとに最適な一品を使うのが綺麗に仕上げるための心得です。

また、いずれの塗料もプラモデル用の製品は少量ずつ封入されて販売されているので、無駄に残さず使い切ることが出来るようになっています。

ラッカー塗料の特徴と上手な使い方

ラッカー塗料はアセトンやナフサなど揮発性が高い溶剤に色付きの樹脂を溶かした塗料です。乾燥した後の色落ちやひび割れなどの不具合が殆ど起きない頑丈な性質が大きな特徴になっています。また、プラモデルに塗る際は表面をわずかに溶かして塗料が結合するので皮膜がしっかりと食いつき、塗装面の剥がれが起きにくいのも他の塗料には無い魅力です。

発色が良く、鮮やかな色彩に仕上げることが出来るのでプラモデル以外にもトタン板やブロック塀などの塗装にも向いています。

その一方でラッカー塗料は刺激臭が強く、人体に有害な成分も多く含まれているので塗装作業の際は十分な換気が不可欠です。ラッカー塗料は溶解性が強いので、重ね塗りには不向きな点も注意する必要があります。ラッカー塗料は乾燥した後の耐久性が他の塗料より高いので、下地の色付けに最適です。

また、プラモデルによってはロボットや人形のように関節部分が稼働する物がありますが、動かした際に塗装面が傷ついて剥がれてしまうことがあります。ラッカー塗料であれば多少の刺激を受けても殆ど劣化しないので、プラモデルのパーツが擦れる部分の塗装に使えば見栄えが良い状態を維持することが可能です。

水性アクリル塗料の利点と注意点

水性アクリル塗料は他の塗料と比べて安価で購入出来る製品が多いので、出費を安く抑える際に重宝します。また、塗料にありがちな刺激臭も少ないので、プラモデルの塗装を長時間行っても体調不良に陥る心配がありません。

有害な成分も少ないことから、小さい子供でも安全に塗装を行うことが出来ます。溶解性も低いので重ね塗りに適している他、乾燥する前であれば塗装用具は水洗い出来るのも利便性の高さに繋がっています。その反面、水性アクリル塗料は発色性がやや低いので鮮やかな仕上がりには不向きです。

特に乗用車やモデルガンなど、金属光沢を表現する必要があるプラモデルを作る場合は他の塗料を選ぶのが無難です。また、水性アクリル塗料は筆塗りの際にムラが出来やすい性質があります。塗料の伸びを促進させる有機溶剤の含有量が少ないので、塗料の皮膜の厚さが均一になりにくいのが欠点です。

そのため、水性アクリル塗料だけでプラモデルの塗装を仕上げる場合は少しずつ重ね塗りを行ってムラを防ぐことを心がけます。

エナメル塗料を効果的に使う方法

エナメル塗料は他の塗料よりも鮮やかな色合いに仕上がるので、明るい発色を演出したり金属光沢を出すのに最適です。また、他の塗料を溶かしてしまう心配が無いので重ね塗りを行うのに向いています。塗料の伸びも良いので塗りムラが生じにくく、塗装の初心者でも綺麗に仕上げることが容易です。

使い勝手が良いエナメル塗料ですが、乾燥後の耐久性が非常に低い欠点もあります。少し擦れただけで塗装面が剥がれてしまうので、プラモデルの構造によってはエナメル塗料は使えません。また、エナメル塗料はプラスチックを傷める性質があるので、プラモデルの塗装に使う際は必ず別の種類の塗料で下塗りを行って皮膜を作り、エナメル塗料が直接触れないように注意します。

エナメル塗料をプラモデルに使う場合、特定の部分の質感を表現するための補助用の塗料として扱うのが最適です。スミ入れや汚しなど、リアルな質感を表現する際に使うのがエナメル塗料の上手な活用方法になります。逆に面積が広い部分や関節部分には全く適さないので、他の塗料を選ぶのが無難です。

プラモデルのインプレッサをうまく塗装する方法

プラモデル塗装を行う際の注意点

プラモデルの出来の良し悪しは塗装の仕上がりが大きく影響します。塗料の塗り方が悪いと上手に組み立てても見栄えが悪くなるので、塗装は慎重に行うことが大切です。塗装を行う際はプラモデルの完成イメージに沿って塗料を選ぶことが重要になります。

同じプラモデルでも表現方法が違うと完成後のイメージも大きく異なります。表現の方向性を正しく理解して最適な塗料を選ぶことで、綺麗で出来の良い仕上がりにすることが可能です。また、塗装を行う際の塗料の扱いについては異なる材質の塗料を混ぜないことを心がけます。

同じ色でも材質の違いで色合いが微妙に異なる他、含有成分も塗料ごとに違いがあります。そのため、異なる材質の塗料を混ぜると色合いが汚くなってしまう他、成分の分離など重大な不具合が生じることもあるので避けるのが無難です。

市販品には無い色を表現したい場合は同じ材質の塗料を使うのが最良の方法なので、塗料を買う際は同じ材質でそろえることを心がけます。塗装用具は筆が最も容易に扱うことが出来る反面、塗りムラが起きやすい欠点もあります。

特に凹凸のある面の塗装は綺麗に仕上げることは困難なので、スプレーのように塗料を吹き付けるエアブラシを使うのが最適な方法です。

塗装を綺麗に行うための豆知識

塗料の材質や塗装用具の正しい使い方を理解しても、綺麗な仕上がりに出来ないことがあります。プラモデルに塗料を塗る際、しっかりと定着せずに弾いてしまうことがありますが、これはプラモデルを金型から取り外す際に使う剥離剤の成分が残っているためです。

剥離剤は塗料の定着を妨げる性質があるので、事前に洗浄を行って剥離剤を完全に除去するのが綺麗に塗るための工夫になります。また、空気に触れた塗料は次第に劣化して色がくすんでしまうので、極端に古い物は使わないように注意します。

ゴミなどの異物が入り込んだ塗料も急速に劣化が進むので、塗装作業の際は容器の蓋を必ず閉めて異物の混入を防ぐことが大切です。